アイデアが発明になるためには


発明・アイデア・インスピレーションに関する
発想ブログ 「大脳進化論」の乙部です。

発明と聞くと、身構えてしまうかもしれませんね。

ウイキペディアによれば、発明は、「従来みられ
なかった新規な物や方法を考え出すこと」とあります。

人々が知らないものであること、新しさが
あれば良さそうです。

さらに、この新しさが、簡単には思いつかないレベル
であれば、特許権として権利を取ることができます。

あなたが、発明に関心があるのは、単なる
趣味というよりは、出来れば権利を取れる内容
を持つ発明をしたいということだと思います。

いままで色々なアイデアの出し方を説明して
来ました。

このアイデアが発明であるかを調べるには
どうしたら良いかを次に説明します。

発明であるためには、今まで世の中に
知られていないことが必要です。

ある問題から抽出された課題を解決する
アイデアが出てきたときに、それが発明
となるためには、新規であることを確認
しましょう。

Aというアイデアが出てきたら、それを
ネットで調べましょう。

Aを表現するキーワードを入れて、検索
結果を調べます。

実は、発明については、特許庁がJPlat-Patという
データベースを提供しています。

https://www.j-platpat.inpit.go.jp/web/all/top/BTmTopPage

インタネットで、上記URLを見ると、その中に、
テキスト検索という見出しが有るので、それを
クリックします。

https://www7.j-platpat.inpit.go.jp/tkk/tokujitsu/tkkt/TKKT_GM201_Top.action

そうすると、左側の欄に、要約書+請求の範囲、
公報全文などが並んでいます。

この中の、要約書+請求の範囲の部分が、今まで
特許庁に出願された出願書類に書かれた発明の
要旨と、特許権として欲しい範囲です。

この欄の右の検索キーワードの空白欄に、
発明Aを表すキーワードを書きます。

そして、検索キーワードの右の欄の
検索方式をプルダウンして、ANDに
切り替えます。

これで、検索の準備が出来ました。

画面の下方にある検索ボタンをクリックします。

そうすると、記入したキーワード全てを
含む、要約書+請求の範囲を持つ、出願を
抽出してくれます。

J-Plat-Patを使うことで、アイデアに含まれる
キーワードを持つ、発明の数と内容を簡単に
知ることができます。

例えば、キーワードとして、
LED,太陽電池、蓄電池を記入して、検索すると
88件の公開された特許出願が有ります。

そこで、キーワードにさらにインターネットを
付け加えると、検索結果は0になります。

つまり、LED,太陽電池、蓄電池、インターネット
を含むアイデアは発明としてはまだ、出来上がっていない
ということが分ります。

アイデアAについて、検索結果として、
0であれば、アイデアAは発明の資格が有ります。

検索結果が、○○件として出てきたときは、
アイデアAに近い発明が既に世の中に知られて
いることになります。

その場合は、アイデアAは発明にならない
可能性があります。

実は、キーワードが一致していても、その
キーワードがどのように関係しているかが、
重要です。

同じキーワードを含んでいても、そのキーワード
間の関係が異なれば、違うアイデアになります。

この関係性を調べるには、一覧表の公報番号を
クリックして出てくる特許公報の要約、代表図面、
特許請求の範囲を読んで、その内容を把握する
ことが必要になります。

念のため、先ほど、押した検索ボタンの右に有る
検索結果のボタンを押すと、記入したキーワード
全てを含む、要約書+請求の範囲を持つ、出願
の一覧表が出てきます。

一覧表の公報番号をクリックすると、その
特許公報の要約、代表図面、特許請求の範囲
を見ることが出来ます。

自分の考えたアイデアAと、上記の内容を
比較すると、世の中のレベルを知ることができ
ます。

この関係性を調べるには、一覧表の公報番号を
クリックして出てくる特許公報の要約、代表図面、
特許請求の範囲を読んで、その内容を把握する
ことが必要になります。

また、他人の書いた発明を読むことで、新しい
アイデアが湧くこともあります。

これは、他人の発明が、頭脳への新しい刺激に
なっているからです。

上記の作業は、発明を出願するかどうかを決める
ためにも大切な作業になります。

アイデアが発明であると言えるために、その
アイデアが世の中に今まで知られていないこと
上記のようにして確認することができます。

カテゴリー: アイデア 発明, 発明   タグ: , , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">